考えてみた

1000時間の法則が凄い! 1000時間やって初めてスタートライン!?

皆さんは新しいことを初めてから辞めるときに、悔いなくやめれていますか?

私は新しいことをやろうと、いつも一念発起で頑張ろうとしているのですが、全て中途半端な結果でいつも終わっています(泣)

今27歳なのですが、ちなみに18歳〜27歳の間で、初めて辞めた事がこちら

中途半端に終わった事

・ギター

・ベース

・アクセサリー作り

・中国語

・英語

・資格の勉強(簿記・宅建・インテリアコーディネーター・応用情報技術者試験)
※全部取得できず!

・プログラミング(主にSwift)

・WEBデザインの勉強

ちなみにWEBデザインは、IllustratorとPhotoshopの勉強再開をしこのブログの運営をするに当たって多いに役に立っています。他の趣味や学問は大きな成果を成し遂げれずに中途半端に終わりました。

ポケマスのダツラ氏の名言

実際に体験する事で自分に向いていないということが分かりましたし、やって損はなかったのかなと思いますし、

その時その時の最善を選択できていたのかもしれません。

ですが、寄り道をせずに何か1つを極めていたら違う人生もあったのかもしれないと感じているのも事実です。

また、失敗続きで学習性無力感に陥り「何を初めても出来っこない…」と思い新しいことにチャレンジすることが怖いという感覚すらあります。

学習性無力感とは

努力を重ねても望む結果が得られない経験・状況が続いた結果、何をしても無意味だと思うようになり、不快な状態を脱する努力を行わなくなること。

コトバンクより

ですが、私のような何もかもが中途半端で「挑戦する」という行為が怖い方や

これから新しいことを始めたいけど、自信がないという方に向けて

新しく始める事の最良のスタートダッシュを切ることができ、尚且つ継続した努力ができるようになる、1000時間の法則についてお話したいと思います

1000時間の法則と10000時間の法則について

1,000時間の法則についてお話したいのですが、

1,000時間の法則を語るに当たって避けては通れない10,000時間の法則についてお話します。

『1000時間の法則』・・・分野を問わず「セミプロ」「中上級者」と言われるレベルに到達するには1,000時間の努力が必要という理論。

『10000時間の法則』・・・分野を問わずで「一流」や「トップレベル」と言われるレベルに到達するには10,000時間の努力が必要という理論。

10,000時間の法則について

1万時間の法則という言葉は、英国人のマルコム・グラッドウェル氏の著書『天才! 成功する人々の法則』(翻訳版)という本が初出と言われています。

グラッドウェル氏は、著書において以下のように主張しています。

Ten thousand hours is the magic number of greatness.
(訳:1万時間とは、偉大さを示すマジックナンバーなのだ。)

マルコム・グラッドウェル

私
直訳するとイマイチ、ピンときませんが、意訳すると「10,000時間をある1つの分野に注ぎ込むと、トップレベルになれますよ」という事です。

卓球オリンピック代表を4度経験した水谷選手はこう言っています。

一万時間練習してから質問に来てください。

水谷隼

5歳から卓球を初めて15歳で当時日本男子最年少で世界選手権の代表に選ばれ、

全日本選手権大会で10回の優勝を果たし、

オリンピックでも3度の出場を果たした。

水谷選手ですが、何歳で10,000時間に達成したのでしょうか?実際に計算してみました。

5歳〜12歳までに、

1日平均4時間の練習を1年間毎日行っていたと想定して、1年間で1,460時間

1年間で1,460時間の練習を5歳〜12歳まで行っていたと想定して、7年間で10,220時間

にも及びます。

なんと、彼は小学生の時点で10,000時間の領域に到達していたのです。

私
小学生の時点で10,000時間を超えた努力をした人が、「一万時間練習してから質問に来てください。」というと説得力が違いますね。

また他にもマイクロソフトの設立者のビルゲイツ氏やレジェンドバンドのビートルズも10,000時間をプログラミングと音楽に費やしたと言われています。

これらのことから、何かの分野で一流になりたいのなら10,000時間を費やしなさいと言われています。

ですが、現実問題のところ特定の分野に10,000時間に費やせるのは、難しい人が大半だと思いますし、正直途方もない数字かと思います。

そこで今回、オススメしたいのが1,000時間の法則です。

1,000時間の法則について

1,000時間の法則は繰り返しになりますが「セミプロ」「中上級者」に到達するまでにかかるレベルと言われています。

『1000時間の法則』・・・分野を問わず「セミプロ」「中上級者」と言われるレベルに到達するには1,000時間の努力が必要という理論。

プロになるには10,000時間費やすことが重要と言われてきましたが、

近年この法則は間違っているのでは?時代遅れでは?とも言われています。

それがインターネットの台頭と急激な発達で、質の良い情報が人々に届けられるようになったからと言われています。

私
人類が整備した学びの高速道路ことインターネットの力…凄い良い表現ですね!

ビルゲイツやビートルズが努力していたであろう1980年当時はインターネットがあまり普及しておらず、情報収集の手段が雑誌や専門書など限られたものしかありませんでした。

ですが、現在ではGoogleで検索すれば大抵の情報は出てきますし、ツイッターでは最新情報が一瞬でアップされています。またyoutubeでHow to本ならぬ How to動画があり無料で色々なことを学ぶことが可能です。

私
動画学習だと視覚・聴覚・触覚など五感のうちの3つに刺激を与えるので、より効果的な学習が行えているように思います。

このことから、1,000時間の努力 × インターネットでの情報収集かつ質の良い努力でトップレベルに近いレベルになれるのでは?。

ということが提唱されています。

1000時間に到達するには?

1日1時間で3年で1095時間

1日3時間で1年で1095時間

1日6時間で半年で1095時間

で到達することが可能です。

1,000時間の法則を実践するメリット

1,000時間の法則を実践するメリットはズバリ、

自分が今、何時間継続しているかを視覚化することができることです。

1,000時間の法則を実践するということはタスクの時間を計測して、1000時間という目的地に向かって、逐一自分がどのポイントにいるかを把握するために時間を記録していかなくてはなりません。

少し話は変わりますが、考えてみてください。ゲームが続いて勉強が続かないのってなんでだと思いますか?

私は成果が目に見えるか目に見えないかだと思っています。

ソシャゲのガチャで高レアリティのキャラを当てて、Twitterにアップすれば「いいね」をもらえますし、

周回クエストをやればやった分だけ成果に反映され、非常に分かりやすくきらびやかな世界と言えます。

ですが、現実での努力は、成果や成長が分かりにくく報われないことも多いですし、目に見えないのでつまらなく感じてしまいます

だからこそゲームの考えを逆輸入して、自分の現在地の位置をこまめに把握することが大切であり、1,000時間というゴールまであとどれぐらいかかるのかを可視化する必要があるのです。

これが1,000時間の法則を実践するメリットだと私は思います。

まとめ

大事なのは時間を意識し、自分がやった努力の時間を計測し可視化することです。

1,000時間やれば何かしらの変化は起こりうるはずなので、それまで共に頑張りましょう!

また一般の方で、英語や筋トレを1000時間以上の努力をしてきて結果を残している方のブログを発見したので、よろしければそちらもご覧ください。

この方のように、実際に結果を残している方の実体験をみるとやる気が湧いてきますね!

また、本ブログでは他にも皆様の為になる記事を投稿していますので、よろしければご覧くださいませ。

遅咲きの人生だっていいじゃない! アラサーと呼ばれる年齢から人生を変えた遅咲きの人をまとめてみた。25歳以上のアラサーが何か新しいことに挑戦する際に意識すべきことは?というブログ記事を投稿させていただきました。 ▼その記事はこち...

皆さんの目標や夢が叶うことを祈っています!

ではでは!