考えてみた

【プログラミングを辞めたい方へ】プログラマーを半年で辞めた私が語る、プログラマーに向いている人向いていない人

英語とプログラミングできたらいいなぁと思って夢を見てフィリピンに行き、

英語 × IT 留学に3ヶ月間行ってきました! 留学の感想を包み隠さずお話しします。 【NexSeed(ネクシード)の評判が気になっている方へ】2018年の5月半ばから8月上旬までの間 セブ島にあるNexSeedという学校で「英語 × IT」留学というプログラムに参加してき...

そしてプログラマーを夢を見てIT企業に転職しました。

未経験で転職して念願のプログラマーになったけど色々失敗して、たった半年で会社を退職しました。忘れもしません。2019年の1月1日付けの内定をいただき、念願の某IT企業でプログラマーとして採用していただきました! 内定をいた...

ですが、自分の意思で入社した企業を6ヶ月で退職し、プログラマーとして生きることを諦めました

今回は、そんな私がプログラマーに向いている人・向いてない人について考えていきたいと思います。

プログラマーに興味ある系男子
プログラマーに興味ある系男子
これからプログラマーを目指したいけど、どんな人が向いているのかな?

と思っている方や

デスマーチで疲弊中PG
デスマーチで疲弊中PG
現役でプログラマーとして一定期間働いてみたけど、私はプログラマーに向いてないかも…

と思っている方がこのページを見てくれているのかなぁと思っています。

なので、そういった疑問を抱いている人の参考になればとても嬉しく思います。

プログラマーのイメージってどんなイメージ?

さて、突然ですが質問です。

プログラマー以外の人は、素直な気持ちでお答えください。

プログラマーの人は、プログラマーになる以前に考えていたイメージでお答えください。

プログラマーという職業にどのようなイメージを抱いていましたか?

私は、正直なところ↓の様な印象を抱いていました。

・コミュニケーション能力は低い
・ずっとキーボードをカタカタしている
・おとなしい
・理屈っぽい
・長時間労働

といったイメージを持っていました。

ですが、実際のところは、

・コミュニケーション能力はもっとも重要な能力で
・キーボードを常にカタカタしている訳でもなく、後ほどお話させていただくググり力の方が大事
・積極的に人と関わる人の方が断然的にプログラミングの成長率は高いです

私
理屈っぽい・長時間労働は半分正解だなと感じたのですが、正直その人本来の性格や職場環境に影響されるので一概には言えないと言ったところです。

ではプログラミングに必要な能力がわかったので、1つづつ見ていきましょう!

プログラマーに向いていない人

コミュニケーションが苦手な人

実は、私は入社する前から、

「プログラマーはコミュニケーション能力」が一番大事ということ情報は理解をしておりました。

そして、コミュニケーション自体は苦手だけど、必要最低限のコミュニケーション能力はあるはずだし、大丈夫でしょ!

と思っていました。

ですが、コミュニケーションにも色々と種類があり、私に足りていなかったコミュニケーションスキルについて考えてみました。

人と関わるのが苦手

プログラマーという職業はコミュケーション能力が低かったり、1人でいるのが好きな人が多いイメージがありませんか?

私は当初、その様なイメージを抱いていましたし、実際に職場でも一定数の人はその様な人がいました

ですが、プログラマーを目指すに当たって、コミュニケーション能力は最低限必要なのですが、

自分の思っている事を自分の言葉で伝える事ができる能力が無いと厳しい世界だとは、ハッキリと言えます。

その理由はプログラムは1人では完成しないですし、他人とあなたの脳は違うからです。

仕様書を見るだけでなく、自分の何のプログラムをどのように作るのか、密にコミュニケーションをとる必要があります。

何故なら、あなたの考えていることと相手の考えていることは多くの場合で違うことが多いからです。

ある日のことでした、butterfly(バラフライ)で連想する曲は?と友人に言われたのですが、

私が倖田來未のbutterflyと言ったら、友人にお前は日本人として終わってると言われました。

彼の中では木村カエラかデジモンの主題歌の和田光司さんのbutterflyと答えて欲しかったようです。

このように、人の考えていることは人によってことなります。

プログラミングを扱う現場においても同じことが言えて、仕様書に

Facebookと提携させること

と書いてあっても、ライブラリを使うのか使わないのか? Facebookアカウントを持っていないユーザーはどうするのか? と逐一自分の疑問点と相手の考えていることを擦り合わせる必要があります

コミュニケーションを密に取らないと、指示者が思ってたのと違うプログラムが出来上がることになり、二度手間になってしまう可能性が十二分にありえます。

企業に属して、プログラミングに取り組む以上、プログラムを1人で作りあげることは出来ません。
よってコミュニケーションが取れなければ、プログラムは完成しないといっても過言ではありません。

なので、人と関わるのが向いてない人と感じる人はプログラマーとしての適性は低いと言えるでしょう。

教えてもらうことが苦手

 

私は、幼い頃から「教えてもらう」という行為が苦手でした。

理由としては、

・言われた事を理解するのに凄く時間がかかる。

・(無償で何かを)教えてもらっている時に教えてもらっている内容よりも、どうやったら相手を不快にさせないかを優先している

と言ったことを抱いていました。

ですが社会人という立場で仕事をしている以上そんなことは言っていられません。

ですが、仕事中でもしょっちゅう1人で抱え込むことが多く、

それと同時に、教えてもらう身分にも関わらず、教えてもらう際は申し訳なさを感じると同時にストレスを感じる様になっていました。

私
この仕様書、なんか表現が曖昧だけど自分の認識で合ってるんだろうか? (理解できない自分が悪いんだから何とかしないと…)
私
if文とswitch文どちらも使えるけど、どっちを使えばいいんだろうか?(こんなくだらないことで先輩方の手を煩わせちゃいけないよね…)
私
指導係のAさんと直属の上司のBさんがいるけど、どっちに指示を仰ぐべきなんだろうか?(空気読んで自分で判断しないとダメだよね…)
私
やった事がないプログラミング技術だけど、ネットに落ちてる書き込みで私が理解出来ないのが悪いんだよね(残業して取り返そう…)

また、分からないことを聞かないで仕事効率が低くなってしまうことで周囲にとって迷惑なことである、ということも重々理解していたのですが、

私は「なかなか人に頼るという行為」を実行に移せなかったのです。

もちろん、自分で色々と調べて考えた結果、仕事を終わらせることが出来ないのであれば、

なりふり構わず不明点の解消のために、誰かに教えを請わなけれなばならない立場にも関わらず「他の人の手を煩わせてはならない」という思いが優っていました。

他にも人に質問できない理由として

  1. 「普通なら分かっていて常識的なこと」
  2. 「聞かなければ分からないこと」
  3. 「調べればすぐわかること」

の区別をつけるスキルが私には不足していました。

実際に質問をした際に「こんなことも分からないのか、常識がない、自分で考えろ、手間とらせるな、迷惑ばっかりかけやがって」と言われたことのある一方で、自分で頑張って考えて行動したら「間違っている、なぜ聞かなかった、時間の無駄だ」と言われることもあり、

何が正しいのかが分からなくなっていましたし、正直なところ退職間際には話しかけるという行為がとてもストレスに感じていて、自分が話しかけるだけで身が裂けそうな気持ちになっていまし。

受身な人

いわゆる指示待ち人間と言われる人や、

「教えてくれるだろう」といった受け身的な思考の人もプログラマーに向いていません。

主体的に行動して、やったことが無いことや分からないことがあっても

自分で調べて解決する能力がプログラマーには求められます。いわゆるググり力ってやつです。

ググるとは

検索サイト「グーグル(Google)」を使って検索することです。「○○って何?」「人に聞くよりググったほうが早いよ」などと使います。
⇨Google、検索サイト

コトバンクより

以前、言っていたプログラミング学校でも、

私
ここが分からないのですが…
先生
先生
検索はしてみましたか? エラーコードは何と書いてありましたか?

と聞かれました。当初はこれが毎回続くのかと思うと身震いしました。

もちろん、どうしても分からない時はもちろん教えてくれますよ!

実際に現場でもネットに落ちている情報(Qiitaや公式リファレンス)を頼りに仕事を進めていく能力やエラーコードをヒントにバグを解消する能力を求められていました。

前述の方で、キーボードを常にカタカタしている訳でもなく、ググり力の方が大事と書かせていただきましたが正にその通りで、プログラミングを自分で1から作るのではなく、ノートやアプリにフロー図を書いて、何をやれば良いかを考えます。

そして、実際にプログラムを動かそうとする場合は、まずはコピー&ペーストすることが多いです。

海外サイトを含めれば、要件に似たような処理を既に実装していてそれを公開していることが多々あります。

また、あなたが分からないことは大抵他の誰かが先にネットで質問済みだったりします。

共通して必要なコードは抜き取り、不要なコードは消去し、不足する部分を自分で補って作る形が大半だと思います。

よって、自分で主体的に行動するのが苦手な人や誰かの指示が無いと動けない人には向いていないと言い切ることが出来ます。

補足

ググり力が重要と言いましたが、「分からないことは直ぐに聞く」も大事なことです。

プログラミングスクールでも現場でも、「分からないことを直ぐに聞く人」は成長がとても早かったです。

上司や先生からしても学習の進歩状況や仕事の進歩状況が分かるので、

プログラミングスクールではどこでつまづいているかが把握できますし、何より頼られて嬉しく無い人はいないはずです。

私
ほら、手のかかる子ほど可愛いって言いますよね

それは現場でも同じことが言えて、主体性がある人はやはり非常に重宝されます。

これから、プログラミングをされる方は遠慮せずにガンガン聞いていきましょうね!そして主体性を磨いていってください!

論理的思考ができるか

論理的思考を語る前に、ご紹介させていただきたい議題があります。

それは、文系でもプログラミングは出来るのか?問題です

この問題は文系出身者がプログラミングに興味が湧いた時に一度は考えるのではないでしょうか?

google検索で調べたところ、理系文系は関係無いという意見が大多数でした。

実際にプログラミングの学校で文系出身者の人に同じことを聞いてみたところ面白い答えが返って来ました。

プログラミング話Aの場合

私
プログラミングって理系の方がやっぱり適正ありますよね〜
プログラミング仲間A
プログラミング仲間A
俺もそう思う。◯◯さん(文系だけどプログラミングがすごく出来る)も文系の中でも理系よりの学部だったみたいだったし、理系の方が吸収力が強いと思う。

プログラミング話Bの場合

私
プログラミングって理系の方がやっぱり適正ありますよね〜
プログラミング仲間B
プログラミング仲間B
俺はそう思わない。文系理系は関係無い

まさかの、真反対の意見でした。

次に某まとめサイトの記事を参考にしました。

色々な意見がありました。

こちらのサイトでも、文系理系どちらが向いているかの有益な情報は得られなかったのですが、

「全く向いていな人」ってのは一定数存在するのは確実というコメントに強く共感したので、それがどんな人かというのを考えたところ論理的思考が出来る人なのかなと思いました。

論理的思考について

論理的思考という言葉をご存知ですか?

論理的思考とは

論理的思考とは、因果関係を整理し順序立てて考えること、あるいはわかりやすく説明することを指します。ロジカルシンキングとも呼ばれます。

ferretより

プログラミングではこの論理的思考を絶え間無くやり続けなければいけません

プログラミングで実装する時は、上記のようなフローチャートを意識しないといけないですし、

方法Aで要件を満たせなかったら、別の方法Bをやって、それでもダメだったら方法Cを試してみて、その方法を使っても実装できずに1時間以上経過したら先輩に助けを求めよう…

といった感じで、常に論理的思考を求められます。

この論理的思考ができない人は、プログラマーに向いていないと言えるでしょう。

センスが無い人

よりお借りしました。

プログラミングはセンスが必要で、全員が全員習得できる訳ではありません。

わからない人とわかる人では大きな溝があるとも言われていますが、

わかる人とわからない人では頭の構造が違うので仕方ないこととも言えるでしょう。

休日までプログラミングに捧げられるか?

IT業界は変化の激しい世界です。

なので、プログラマーは基本的に休日にも勉強することを求められます。

日々新しい技術やトレンドを追っていき、学び続けていかなくてはなりません。日々アップデートしてく情報をキャッチし、勉強をし続けなければなりません。つまり、あなたがプログラマーとして生き続ける為には、常に勉強が必要になるわけです。

私
私がプログラミング言語Swiftを勉強し始めたのが、2018年5月なのですが、その時はSwift4でしたSwift3がSwift4になったのは2017年12月でネットにSwift4の情報がごくわずかしか無く、しょうがなくSwift2やSwift3の記事を見てコーディングをしていたのですが。この人と同じことしてるのになんかエラーになるんだけど!となって困っていた記憶があります。

私の実体験からも分かるように、バージョンアップデートしたら自分の知識もアップデートさせる必要があります。

よって、休日にもプログラミングをすることができる情熱があるか?というのがプログラマーとしての適正に直結していきます。

私
私は入社前〜やめる1ヶ月前までぐらいまでは休日や隙間時間も極力プログラミング関係の勉強をするようにしていましたが、いつしかこのままやっていても終わりが見えないという感情を抱いていました。
私
自分のやりたいこと(自作アプリ制作)などだったら、いくらでも取り組めたのですが、興味が薄いけれど勉強しなければならない分野に対して休日の貴重な時間を裂けませんでした。
私
そうしているうちに、プログラミングへの情熱がなくなっていき、将来的にプログラミング関係の仕事に着いていたいかと考えた時の答えはNOでした。

プログラミングが好きか?

私はプログラミングが解けたときの脳汁が出る瞬間が大好きだったのですが、

結果を追い求めるばかりで、結局のところコピペばっかりで本質を掴めていなかったように思います。

プログラミング初心者だったら、helloworldを出力しましょう!ということを初めに言われるかと思いますが、私は出力したところで、でたけどこれがプログラミングとどんな関係があるの…?

あと、プログラミングをアクセサリーの様に捉えてる節があり、

プログラミングが好きでは無く、プログラミングをしている自分が好き。

プログラミングというよりも創作が好き。

誰かに求められるプログラミングがしたい。

そして一番決定的なのが、プログラミングだったらフリーランスという選択肢もあるよね

みたいな考えがあったのですが、

フリーランスでもプログラミングは出来ないししたくない。

と最終的に思っていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラミングが貴方の適職であるのであれば、それはとても嬉しいことです!

ですが、プログラミンングが合ってないなぁと思ったら、

やり続ける勇気・辞める勇気 どちらを選ぶかは貴方次第です!

正解を探すのでは無く、自分の選択を正解に導いてあげてください!

このページがあなたの参考になれば嬉しく思います!

ではでは