ミニマリストの思考術

25歳以上のアラサーが何か新しいことに挑戦する際に意識すべきことは?

先日、ネットサーフィンをしていると偶然、下記のまとめサイトの記事を見つけました。

「26歳ってもう新しいことを始めても年齢的に上には行けないよね 悔しい…若い人たちが羨ましい…」というスレッドタイトルなのですが、

この記事を書いている2019年9月23日現在、私も当時のスレッドの主と同じ26歳なのですが、

正直、同じことを考えており、新しいこと始めても年齢的に上には行けない・大成できない。

と思っていました。

このスレッドに対しての反応は、

遅咲きの人も10代の若い頃からコツコツとした下積みがあってこそだろう
たまに中年の星とかアスリートの特集で中年もやればできるみたいな事言ってるけど
活躍してる奴はとっくの昔から下積みしてたからこそできたわけで
若い時期を無駄に過ごした奴がやり直せるほど甘くはないんじゃね

26は遅いよなw
生活する為のお金を稼ぎつつ、新しい事も学びつつだと時間がかかるし、
そのギャップを無理して埋めようとすると、身体にガタが来るだろうし

といった正論かつ否定的な意見もありました。

逆に肯定的な意見としては

この辺りからは本当メンタルが試されるよな
多分ここから転職や資格、趣味にしろ新しいこと始められる奴はこれからの人生もそれなりにやっていけるはず
反対に今いる立場に甘え続ける奴はその内焦燥感に苛まれるだろうな

今の自分が人生の中で、一番若い時だから
物事を始めるに当たって遅いという事は無いよ。
明日は、今現在よりも絶対に年老いているから。
自分の人生だ。今を大切に何かを始めれば良い。
死は絶対やって来るから、それまでにやれるだけ
やってみな。自分の人生だろ?

といったコメントがあり、ここからが勝負といったようなことを書いていました。

他にも遅咲きの成功者の例や自身の実体験を例に挙げて、26歳でもまだ遅くない限界を決めるのは自分だ。

といった肯定的な意見も多く見受けられました。

ですが、新しいことに挑戦するのって、ワクワクすると同時に不安を抱いたり怖いと思ったりして尻込みしてしまいますよね。

新しいことに挑戦するという行為には、程度の差はあるかと思いますが

いずれにしても、自分の人生に大きな影響をもたらしますよね。

考えられるスケールの大きな挑戦ってどんなものがあるでしょうか?

・就職

・転職

・起業

・進学

・留学

・移住

などでしょうか? もちろん人によって考え方に違いがあると思いますが多くの人がこの様な出来事を「スケールの大きな挑戦」と捉えるかと思います。

逆に小さな挑戦はどんなものがあるでしょうか?

・新しい趣味を始める

・仕事外で新しいコミュニティに属する

・資格の勉強を始める

といった感じだと思います。

アラサーになると「やりたいこと」よりも「やらなければならないこと」が多くなり、小さい新しいことでさえ、挑戦することに対して尻込みしてしまいがちになりますが、

人生100年時代と言われている今、アラサーはどのような考えで新しい事に挑戦するべきなのでしょうか?

この記事では、26歳のアラサーが「新しいことに挑戦することに対して」考えてみたいと思います。

新しい事を初めるのに「理由」や「キッカケ」は要るのか?

学生の時に「新しい事」に挑戦した時にどんな感情を抱いて「その新しい事」を始めましたか?

中学や高校の部活だったら、新しい事を始めたキッカケは「楽しそうだったから」「友達がやっていたから」「何となく」と言った理由でしょうか?

では大人が新しい事を始めるキッカケって、どんなキッカケでしょうか?

私は25歳からプログラミングを新しく始めたのですが、

最初は何となく「やってみたい」という理由だけでプログラミングを始めました。

今でこそ、プログラミングをしておりませんが、プログラミングを使っての就職にも成功する事ができました。

私は25歳からプログラミングを始めた経験を通じて、何かを始めることに「理由」は要らないと思いました。

自分の「やってみたい」任せて行動してみませんか?

小さい挑戦と大きい挑戦

冒頭部分で挑戦には「大きい挑戦」と「小さい挑戦」の2つの挑戦があるというご紹介をさせていただきました。

アラサーが目指すであろう、大きい挑戦は、

現職を退職して(学校へ通い直し)、キャリアチェンジ

といった今の地位を捨てての挑戦が考え得る1番大きな挑戦だと思っています。

また、小さな挑戦としては、新しい趣味を始める・新しい勉強を始める(資格の勉強)

といった今の地位を捨てずに平行して行える事が小さな新しい挑戦だと思います。

お金と時間があれば仕事を退職して、「大きな挑戦」に挑むのもありだと思うのですが、

可能であれば小さな挑戦を経て、適正や自分の好みにあった事柄なのかを見極めるのが賢い選択だと言えます。

叶えられる夢と叶えられない夢があるのも事実

私は25歳からプログラミングを初めて、実際にプログラマーとして就職しましたが、

これがもし、野球選手やオリンピック選手やピアニストやバイオリニストやプロ棋士になる。と言った夢だったら実現不可能だったとはっきり言い切ることができます。

また、私の打ち立てた「プログラミング」の目標は、「プログラマーとして就職」すると言った目標だったのですが、

「Googleのトッププログラマー」に成るという目標だったら、99.999%の確率で叶っていなかったことでしょう。

何歳からでも新しく何かを始めることは可能です。

ですが、アラサーの人が何か始める場合、学生と違って制約があるのもまた事実です。

アラサーが新しいことに挑戦する前に必ず決定しないといけないこと

2点あります。

①.それは趣味で終わっていい物なのか、それを職業としたい物なのか?

②.目標と期間を決める

の以上2点です。

それは趣味で終わっていい物なのか、それを職業としたい物なのか?

例えばですが、あなたが今から「ドイツ語」を始めると仮定します。

その「ドイツ語」という新しい挑戦は、趣味で終わっていいものなのか

「ドイツ語」を使っての講師業や通訳者や翻訳者といったプロになりたいのか、

で大きく目標が変わってきます。

前者の場合は、期間や目標を決める必要は得にありません。

ですが、後者の場合は明確な目標や、期限を決める必要があります。

ここでの期限は「〇〇歳までになれなかったら、就職する。」といったタイムリミットを意味します。

目標や期間を決めるということ

目標や期間を決めるということは非常に重要です。

いつまでに、どのような状態になっているかを明確にしないといけません。

期限を切ること。つまり、「いつまでに達成する」と明確にしておくことです。これがないと、目標とは言えません。

締め切りや期限がなければ動こうとしないという経験は誰にでもあるとは思いますが、アラサーが新しいことに挑戦し、

その「新しいこと」を仕事にすることを目標としているのなら、人よりも遅いスタートだったり、いわゆる年齢制限がまじかに迫っている。

という事も少なく無いと思います。

またやることによっては、あなたの年齢が高めの場合歳下が主戦場で厳しいこともあるかと思います。

私
若年層だと若気の至りだとか青春の思い出と言えるかもしれませんが、時間がない人にはそれは当てはまりません。

なので、新しいことに挑戦し、それを「職」にしたいと思うのならば、

目標と期間を明確にしましょう!

この動画が非常に参考になりましたので、よろしければご覧ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アラサーが、何か新しいことを始める場合は

・趣味で終わっていいのか 「職」として目指すのか?

・目標と期限を決めること

の二点を明確にしましょう!

こちらの動画では挑戦することの大切さを語っています。時間があるときにでも一度ご覧ください。

また、平成27年の時点で11.1万人の社会人の方は仕事をしながら勉強をしており、働きながらキャリアアップやキャリアチェンジを目指しており夢を追う人は少なくありません。

有名人の方を例にあげると、KAT-TUNの中丸雄一さんは芸能活動をしながら、早稲田大学の通信教育過程の入試試験を突破し、無事に卒業まで辿りつきました。

このことを考えると挑戦することに年齢制限はないのかもしれませんね。

あなたの、新しいチャレンジが無事に成功することを祈っています!

ではでは