断捨離

無料のはずなのに…なぜか難易度が高い「箱」の断捨離について考えてみた : 後半

以前、箱の断捨離の記事を書きました。

以前、箱の断捨離の記事を書いた私ですが、そんな私でも箱の断捨離にはなかなか勇気がいります。

そこで今回は、「箱」と上手に付き合っていく方法にフォーカスしていきたいと思います。

添い遂げられない物は最初から買わない

買い物をする際に「売ることが頭に過ぎる物は最初から買わない」こと意識してみましょう!

何故ならば箱を保管する目的の多くが「いつか売るかもしれない」という不安からきているからです。

箱が無かったら欠品扱いになって買取価格が下がるのではないか

箱が無かったら売る時に、欠品扱いになるのではないか

こういった「いつか売るかもしれない」といった不安が箱の断捨離にSTOPをかけているのです。

ですが、「買ったからには売るつもりはない」「いつか売るものは買わない」と決めた場合はどうでしょうか?

箱の断捨離が凄くスムーズに出来そうですよね。

何故ならば「本体」は使い切って寿命を全うしているので箱だけあっても仕方ないですよね。

もちろん使い切るつもりで購入しても

使ってみたら「なんか違う!」となる場合もあるので、すぐに箱を断捨離をするのではなく、一定期間を設けることをオススメします。

なんにせよ、一度購入した物は寿命まで使い切りたいものですね。

箱物を買わない

そもそも箱に入っているものを買わないという逆転の発想です。

そうすれば、当たり前ですが、箱が無いので箱を残そうか捨てようかと悩む余地はありませんよね。

また、服やバッグや靴などを買った際には、その場で身につけてお店を後にすることで店頭で箱や袋を処分してくれたりします。

またゲーム機や家電だったらハードオフやブックオフなどの中古ショップで箱無しで安く売られたりしています。

家の中に箱の侵入を許さないというのも箱断捨離の裏技かもしれません。

私はこの逆転の発想を利用して、箱物のフィギュアを買わないように物欲を抑えています。

箱物のフィギュアは購入してからが大変なので…

具体的には

・フィギュアを置く場所の確保

・箱を保管する場所の確保

・フィギュアをお手入れする時間

・オタク趣味を隠してる場合ですが、フィギュアを見られたくない人が来た時に隠す手間

などなど色々な苦労が待っています。それでも買いたいのは内緒

そしてフィギュアの箱断捨離はとても難しいので最初から買わないように意識をしています。

フィギュアの箱はこの世で1番断捨離しにくい箱なのかもしれない件について

箱物のフィギュアって他の物と違い、箱がなくなった途端に欠品感がでてきますよね。

まるで、

靴下の片一方だけがなくなったような

パズルのピースがひとつ欠けたような…

そんな気持ちになってしまいます笑

つまり何が言いたいかと言いますと、フィギュアは箱があって当たり前というイメージが深く根付いてるので断捨離がとても難易度が高いのです。

また、フィギュアは飽きが来やすい物なので、後々売る可能性も高く

そして、売る時に箱が無いと買取価格に大きく響きます

これらの理由でフィギュアの箱断捨離難しいと言えるでしょう。

フィギュアの箱の箱を保管する方法

ここはあえて発想を変えてフィギュアの箱の断捨離は無理せず諦めるというのはどうでしょうか?

↑画像のようなコレクションケースつき収納棚を利用しフィギュアは飾って箱は専用の棚に収納するという方法が現実的なのかなーと思っています。

箱との付き合い方は人それぞれなので参考までしてみてくださいね。

物を断捨離する訓練をする

実は箱を断捨離するにも訓練が必要なのです。

野球でホームランを打ったり、守備で活躍するには素振り練習やノックなどの守備練習が必要です。

また、英語でも英単語を口にする発音練習筆記練習が必要です。

これは断捨離にも同じことを当てはめることが出来まして、物を断捨離する訓練が必要なのです。

なのでまだ「箱」を捨てることが出来ない。という方はまずはお菓子の箱や文房具が入っていた箱などで「箱」を断捨離する訓練を行なった後に、「断捨離したいけどやっぱり出来ない…」と思っている箱の断捨離にチャレンジしてみてください。

そして、ここで重要なのは無理をしないことです

断捨離出来ないということは、どんな形であれ今の自分に必要ということなので無理に断捨離する必要はありません。

なので、じっくりゆっくりとご自身のペースで断捨離をしていきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

断捨離は「捨てる」という行為に注目されがちですが、断捨離は奥深いもので「物を不用意に家の中に入れない」というテクニックも存在しています。

今回の記事があなたの断捨離ライフのお役に立てることを祈っています。

ではでは。