断捨離

ソシャゲを断捨離しました。私がソシャゲをやめた理由。辞めたくないても辞められないソシャゲを辞める方法とは?

大好きだったソシャゲを断捨離しました。

ソシャゲってとても楽しいですよね、

ですが依存状態になったり課金地獄になったりしないように上手く付き合えわないといけないですね。

なので、いっそソシャゲをやめてしまいたい!という人も多いと思います。

今回は、ソシャゲを断捨離しようと思っている方や引退を考えている方必見の内容になっております。

私がソシャゲを辞めた理由。ソシャゲを辞める方法

突然ですが、皆様はソシャゲは好きですか?

ソシャゲを断捨離しましたが、正直なところ時間とお金が無限にあるのであれば今すぐにでも再開したいぐらい好きです。

約5年間という期間で数多くのソシャゲに手をつけ、そして辞めてきました。

ソシャゲを辞めた理由としては沢山ありますが↓の理由が主な理由です。

この5つが主な理由です。

この記事を書くに当たって思い返して見ると、私の場合「ソシャゲが業務化」&「環境の変化」の二つが重なった際にソシャゲを引退していたように思います。

また一番わかりやすい辞めどきとしては、楽しいからソシャゲをするのではなく、義務感からソシャゲをしていると感じた時がソシャゲの辞めどきなのかなと思います。

また、課金をしすぎて資金繰りに首が回らなくなった場合や、環境の変化でソシャゲを楽しむ余裕がなくなった場合や、ソシャゲをやっている時間に対して罪悪感が出てきた際なども辞めどきと言えるでしょう。

また、完璧主義の人にオススメしたいのは「あえて一度イベントやガチャをスルーする」という方法です。

ソシャゲを辞められない理由が今まで蒐集したガシャのコレクションを手放せないという理由でしたら、「敢えて欠けを作ること」が有効です。

ガチャやイベントをスルーしましょう。そして、その欠けたコレクションが揃っていない事に対して気持ち悪さを覚えてしまうので、ソシャゲに対する執着を断つことが出来ます。

また、簡単に出来ることでは無いですが、「環境を変える」というのも非常に有効です。ソシャゲなんてやってる場合じゃねぇ!となるぐらいに環境を変えると、否が応でもソシャゲを辞めることが出来ます。私は偶然ではありますが、この方法で数多くのソシャゲを引退しました。

結婚や留学や転職などだとハードルは高いですが「習い事を始める」や「新しい趣味を始める」などでしたら比較的に簡単に環境を変えられるかと思います。また、「凝った料理を作る」や「読書を増やす」などでもOKで、ソシャゲ以外の事に対して何か打ち込める物を見つけることが重要です。

自分を変えるのは決して簡単では無いですが、少しの工夫で変えることが出来ます。

私のソシャゲ遍歴

ここで私のソシャゲの遍歴及び、ソシャゲを辞めた方法させていただきます。

ラブライブ !スクールアイドルフェスティバル

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
開発元:KLab Inc.
無料
posted withアプリーチ

詳細

・期間:2013年1月〜2013年4月

・課金額:約200,000万

最初にハマったソシャゲがラブライブ!スクールアイドルフェスティバルです。通称スクフェス。

初めてやったソシャゲで物の見事にハマりました。ソシャゲに課金する人の気持ちは全くわからなかったですし、自分が嵌りまくるとは思いもしなかったです。

具体的には

・ソシャゲを始めてから3日で課金。

・スタミナが溢れるのが怖くて何度もアプリを確認。

・イベントでは上位にならないと気がすまない。

・生活の中心がソシャゲになった。

といった感じです。完全に依存状態になっていてスクフェス中心の生活を送っていました。

スクフェスをしていて一番恐ろしかったのは、何と言っても課金要素ですね。私は1番最初に最高レアリティのUR(ウルトラレア)を手に入れたのですが、そこからどんどん欲が出てしまい

全属性のレアリティのURが一枚ずつ欲しい

全属性のURが揃ったら新センタースキルを持ったURが欲しい

URを一枚は覚醒させたい。

推しキャラURが欲しい。

推しURをコンプしたい。

スコアアップURが欲しい…

といった感じでどんどん課金をしていってました。

この欲望は止まることはなく、課金をし続けること約20万円。このままではキリはないという思いと、躊躇せずに課金をしている自分に恐怖を覚えたため、やりたいと思う気持ちをグッと抑え泣く泣く引退しました。

ちなみになのですが、この時就活開始していたので環境の変化もあったと思います

辞めた理由

1.課金衝動に負けてしまう、自分に自己嫌悪してしまった。

2.環境の変化

チェインクロニクル

[コラボ中]チェインクロニクル3
[コラボ中]チェインクロニクル3
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

詳細

・期間:2014年12月〜2015年4月

・課金額:約40,000円

次にハマったソシャゲがチェインクロニクルです。通称チェンクロ。

友人の勧めで一緒に始めました。タワーディフェンスと呼ばれるジャンルでゲーム性が好きで、ずっとやっていられるぐらいの面白さでした。

ですが、タイミング的に「新しいイベントが面白いと思えなかった」という理由と「大学生から社会人になるタイミング」という環境の変化が重なった時にこう思いました。

私
社会人になったら、きっとイベントも満足に走ることも出来そうにないしチェンクロ引退するか…

こうしてチェンクロを引退することにしました。

ゲーム自体に飽きたのが大きな要因ですが、やはり環境の変化が大きいですね。

モンスターストライク

モンスターストライク
モンスターストライク
開発元:XFLAG, Inc.
無料
posted withアプリーチ

詳細

・期間:2015年7月〜2017年8月・課金額:約2,000円

通称モンスト。

社会人になって始めたソシャゲです。正直なところ1番嵌まらなかったのがモンストなのですが、1番長く続けたのがモンストだったりします。

ここでこの記事を見てくださってる方が気になっていると思うのですが、チェンクロをやめるキッカケが社会人になるからなのに、なんでお前新しいソシャゲ始めてるの?ってところだと思います笑

〜私がモンストを始めた理由〜

私がモンストを始めた理由は、ズバリ会社の先輩に誘われたからです。

入社して間もない頃、先輩にモンストのアプリを一緒にやろうと誘われました。

先輩
先輩
モンストやろうよ

私
すみません…僕ソシャゲを始めたら止まらないんで遠慮しときます…

このように一度は断ったのですが、先輩達の話についていけないというのと、コミュニケーションツールとして必要かなと思うようになりモンストをはじめることにしました。

ちなみにモンストを辞めた理由は、もともと嵌ってなかったというものありますが、転勤に伴い周りにモンストをやっている人がいなくなったからです。

そして、2年間も続けられていたのはイベントに走ることもなく、課金するほどハマることもなかったからです。ログインだけは毎日していましたが笑

頑張らないことが、継続する秘訣なのかもしれませんね。

ポケモンGO

Pokémon GO
Pokémon GO
開発元:Niantic, Inc.
無料
posted withアプリーチ

詳細

・期間:2016年7月〜2016年11月・課金額:約 30,000円

ポケモンが大好きなので、迷わず始めました。

ポケモンを捕まえる為に深夜徘徊したり、名所巡りするぐらいハマりました。

ですが、後述のアプリに嵌った為自然消滅しました。これもある意味環境の変化かもしれませんね。

遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王 デュエルリンクス
遊戯王 デュエルリンクス
開発元:KONAMI
無料
posted withアプリーチ